ブログトップ

カフェ日記

chapot.exblog.jp

紅茶のホント、うそ Ⅱ(天使のための1杯)

紅茶を淹れる際、ティースプーンで茶葉を量ることが良くあります。
大きな茶葉なら、ティースプーン山盛り1杯で大体3gくらい。
それを目安に、人数分(カップの数分)の茶葉をポットに入れるわけです。

この時良く、人数分プラスもう1杯余分に入れることがあります。
紅茶の解説書などにも、良くこの方法が紹介されています。
このプラス1杯を『ポットのための1杯』とか『天使のための1杯』なんて言います。

目の前で『天使のために』なんて言われて、1杯余計に入れていたら、
何だかちょっと格好良いですよね。
しかし、このプラス1杯って、本当に何か意味があるのでしょうか?
ゴールデンルールには、『茶葉の量を正確に量る』としかありません。
ゴールデンルールからすると、このプラス1杯はあまり関係ないのでは?
茶葉は正確に、人数分を量れば良いようです。

では、何故このような習慣が言われるようになったのか?
実は、紅茶の本場イギリスでは、おばあちゃんの知恵みたいな話で、
この『天使のための1杯』というのがあるようです。
実際にその方法が日本で紹介されて、広まったのではないかと考えられます。

イギリスでやっているなら、それが良いんじゃないの?
そう思いますよね。
ところがイギリスと日本では、大きく違うことがあるんです。
それは・・・、水。
イギリスの水が硬水であるのに対し、日本の水は軟水がほとんど。

紅茶の成分は日本の軟水では良く抽出できるのですが、
イギリスの硬水では、軟水に比べると抽出しにくくなるのですね。
その対策として、少し茶葉を多く入れるという知恵が生まれたと思われます。

だとしたら日本においては『天使のための1杯』は、必要ないということになりませんか。
やはり、あくまでもゴールデンルールに則り、茶葉は正確に量り、
どうやらそれ以上のことはしなくても良いようですよ。

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2008-01-25 23:53 | 紅茶考 | Comments(4)
Commented by yama at 2008-01-27 14:27 x
chapotさん、こんにちわ♪
快晴の日曜日、一週間分の家事も終え のんびりゆっくりchapotさんのスイーツとコーヒーを楽しめたら…と、思ってしまいました。
chapotさんも 今頃まったりとお過ごしでしょうかね♪
二週間位かけて ようやく三月からの カフェ日記読み終えました♪
部外者?として 面白かったです。
思わず吹き出す所も…しかし、私としては紅茶考もコーヒー考も
ふんふんと読みはしたものの 私飲む人でいいと‥せっかちの性分ですし だからこそくつろげる所でゆっくり出来るのが大好き~
ところでスコーン食しました~!本当に美味しい!
思い返せば初めて食べたスコーンらしきもの、某大手チェーンのメープルシロップをかけて食べるのしか記憶に‥
全くの別物でした~。まだまだ制覇するものがたくさん(笑)
Commented by y_tozion at 2008-01-27 16:47
こんど、紅茶考で「自宅でも美味しく淹れられるミルクティの淹れ方」をお願いします。
ここ数日寒い日が続いているせいか、なんだか無性にあったかいミルクティが飲みたくて。
でも自分で淹れるとがっかりするんです。イメージした美味しさからほど遠いものが確実に出来上がるので^^;
Commented by chapot at 2008-01-27 19:06
yamaさん、こんばんは。
chapotが日曜日お休みで、申し訳ありません。
カフェで日曜定休なんて珍しいと良く言われます。ちょっと考えるところがありまして、そうさせていただいています。
くだらないブログ読んでいただいたようで、ありがとうございます。
これからもできるだけ更新しますので、よろしくお付き合いください。
アッ、それと良かったら、お店の方もよろしくお願いします。
Commented by chapot at 2008-01-27 19:14
y_tozionさん、こんばんは。
ミルクティーというのは、普通のミルクティーですか?それともロイヤルミルクティーのことですか?
ロイヤルミルクティーについては、近々書こうかなと思っています。
普通のミルクティーであれば、ミルクティーに向く紅茶と向かない紅茶があるんです。
特にダージリンは向きません。アッサムとかアールグレィなんかは、美味しいと思いますよ。
ただし、紅茶はちゃんと、ゴールデンルールで淹れて下さいね。
<< 今週のランチ(1/28~2/2) まずいかも! >>