ブログトップ

カフェ日記

chapot.exblog.jp

カテゴリ:奮闘記( 146 )

心より感謝です

やっとというか、とうとうというか、この日が来ます。
この1年半、色々なことがありました。
色々な人と出会いました。
色々な助けを、いただきました。

信じられない、奇跡もありました。
もちろん、自分達もそれなりには頑張ったつもりです。
でも、周りの人達からの助けが、はるかに大きいように思います。

この良い出会いが、この日につながっています。
僕達を助けていただいた、多くの方、
ここで、お一人おひとり名前を挙げることはかないませんが、
本当に、本当にありがとうございました。

心から感謝いたします。

そして明日、僕達の新たなスタートです。
引き続き、よろしくお願いいたします。

2007年9月5日 水曜日
chapot cafe オープンします。

chapot cafe
[PR]
by chapot | 2007-09-04 23:18 | 奮闘記 | Comments(6)

chapot-cafe.com

ホームページ、開設しました。
良かったら、覗いてみてください。

なにしろ、自分達で作ったので、
音楽が鳴ったり、絵が動いたり、キャラクターが踊ったりという、
凝ったものは、何にもありません。

とにかくシンプルな作り。
まあ、素人の作ということでお許しください。

ホームページのアドレスは
www.chapot-cafe.com

よろしくお願いします。

ホームページから、このブログへ来ることもできます。

HPは開きましたが、カフェのオープンは9月5日(水)です。
一応、念のため・・・。

chapot cafe
[PR]
by chapot | 2007-09-03 23:15 | 奮闘記 | Comments(8)

かもめ食堂

今日、DVDで『かもめ食堂』を見ました。
日本の映画ですが、フィンランドで撮影された映画です。
主演は小林聡美。
その他、片桐はいりともたいまさこが出演しています。
以前、映画館で見たのですが、今日どうしても見ておきたくて。

何故、こんなことを書いているのかというと・・・。
小林聡美演じる主人公が、フィンランドで開いたかもめ食堂、
オープンから1ヶ月間、全くお客が来ないという設定。
毎日毎日グラスを磨いているのです。

でも、主人公は
「真面目にやっていれば、いつかお客は来る。」
と、いっこうに気にする様子がなく、普通にしているのです。

僕達も、カフェオープンを前にして、この気持を大切にしようと、
もう一度、見ておこうと思ったという訳。

改めて見てみて、ほのぼのとした感じになりました。
『真面目にやっていれば・・・。』
この言葉は、とても大切な言葉です。
僕達も、真面目に頑張って行きたいと思います。

映画自体は、最後に満席になるんですけど。
僕達のカフェは、果たしてどうなりますか・・・。

chapot cafe
[PR]
by chapot | 2007-09-02 23:59 | 奮闘記 | Comments(2)

来週


f0130259_22412667.jpg
ショップカード、出来ました。
表は、看板と同じロゴ。
裏面には、地図と住所など最低限の情報にしました。
特に凝ったことをするわけでもなく、
本当にシンプルなカードにしました。

よろしければ、店に来ていただくと、漏れなくお持ちいただけます。
お持ちいただけるのは、来週の水曜日から・・・。
そうです、来週の水曜日から、店に来ていただくことが出来ます。

オープンの日が決定いたしました。
9月5日 水曜日 11時30分

慣れない僕達の初仕事の日となります。
はたして、どんなドタバタが待っているのやら・・・。
不安やら、心配やら、期待やら、楽しみやらが錯綜。

よろしくお願いいたします。

ところで、駐車場が様々な都合で開店日に間に合いません。
お車でお越しのお客様には、大変ご迷惑をおかけいたします。
駐車場完成まで、もうしばらくお待ちください。
申し訳ありません。

chapot cafe
[PR]
by chapot | 2007-09-01 22:45 | 奮闘記 | Comments(8)

錆びた看板

7月29日のブログに、店の入口の看板の写真を載せました。
まだ完成したばかりの、綺麗な看板でした。
そのため、店の名前のロゴも、はっきりとしない状態。
そういう意味では、看板の役割を果していませんでした。

あれから1ヶ月。
天気の良い日が続いたとは言え、風雨にさらされて変化しました。
表面に何の処理もしていない、鉄の板ですから、
見る見る錆びて、下の写真のようになりました。
良い具合に、なってきています。

これなら、店のロゴもわかりやすいですよね。
これからまだまだ錆が厚くなって行くと思います。
入口の看板は、準備OKと言っているようです。

僕達の状態も、出来上がるまでもうちょっと。
最後の追い込みに、入っているところです。
f0130259_22385389.jpg

chapot cafe
[PR]
by chapot | 2007-08-30 22:40 | 奮闘記 | Comments(0)

罪の意識!

現在オープンに向けて、最後の調整作業です。
色々なものをとりあえず試作してみます。
その上で、材料の量の把握をしたり、備品の状態を確認します。
もちろんその際に、これが足りないとか、あれが上手くいかない、
そんなトラブルを洗い出すわけです。

色々なトラブルが出ます。
しかし、今トラブルが出てくれるのはOKなのです。
本番(オープン後)の、トラブル発生は・・・。
あまり考えたくありません・・・。

そんな中で、ちょっと罪の意識になります。
それは・・・、
試作したものの、取り扱い方・・・。

試作はオープン後を念頭において行います。
ということは、結構な量を作ります。
たかが20席程度のカフェとはいえ、作るとなると量はそれなりです。
それを全部消費することはできません。
特に僕は、夏の健康診断の結果のこともありますしね。

そこで、どうするのか・・・。
捨てる・・・。
そう、捨てるしかないのです。
ケーキなどは、たまたま訪ねてきた人に食べてもらったりします。
それでも、大半は残ってしまいます。

食料を捨てるのは、本当に心が痛みます。
もったいないお化けが、いっぱい出てきそう。
とにかくオープンすれば、これほどの廃棄は出ないはず。
それまでは、とにかく、もったいないお化けさん、ごめんなさい。

chapot cafe
[PR]
by chapot | 2007-08-29 21:18 | 奮闘記 | Comments(6)

緊張感、高まる!

最近、人がよく訪ねて来てくれます。
今日は、友人家族が来てくれました。
ちょうど、旦那さんが夏休み中だということで、寄ってくれたのです。

今回は色々と材料もそろっていたので、カフェできます。
何でもということでしたので、練習を兼ねて紅茶バリエーションで・・・。
こういう時って、誰もが美味しいといってくれるんです。
本当かなあ。
実のところ、かなり心配なのです。

それにしても、立ち寄ってくれるだけでもありがたいのに、
お祝いとか持ってきていただきました。
本当にそんな気を使って欲しくないのですが・・・。
ありがとうございます。

今日はその他に、ふじみ野駅前のフレンチのシェフから聞いたと、
中年の女性の方が、訪ねていらっしゃいました。
全く面識の無い方でした。
オープン前であることはご存知で、いつから始まるのかの確認でした。

昨日も、義母の知り合いという方が、いらっしゃいました。
この方も、いつから始まるのかという確認でした。
ありがたい話です。
オープン前から、多くの方に関心を寄せていただいています。
嬉しい反面、かなり緊張もします。

もう少し、もう少しで準備が出来ます。

それと共に、僕達の緊張感は益々高まっています。

PS:そういえば今日、人ではありませんが、珍しい訪問者がありました。
  それは、タマムシ。  あの、美しい色のストライプの虫。
  写真を撮ろうとしたら、いつの間にかいなくなってしまいました。
  タマムシなんて、何年ぶりに見たかなあ。
  玉虫色というと、あまり良いニュアンスではないですが、
  本物を見て、何だかちょっと嬉しかったです。

chapot cafe
[PR]
by chapot | 2007-08-27 21:48 | 奮闘記 | Comments(8)

臨機応変な対応

さっそく心当たりの業者さんに電話をしてみることにします。
その業者さんは、富士見市やふじみ野市を中心に廃棄物処理をしている会社。
我が奥さんが、知っていました。

ネットでその会社のホームページを検索します。
すぐにホームページが見つかり、近くの支店の連絡先がわかります。
最近は、こうやって何でもわかります。
本当に便利な時代だと、つくづく思います。
ちょっと年寄り臭いかな・・・。

その支店に電話してみます。
K清掃の富士見支店。
担当者に事情を説明、ゴミの回収が出来るのかを聞いてみます。
すると、業者ゴミの扱いで、様々な内容があるとのこと。
その内容を、すぐにFAXで送ってくれます。

FAXを見てみると、ゴミの量によって契約金額が変ってきます。
ただ、我がカフェでどのくらいの量のゴミが出るのか?
オープン前の現在では、全く予想も出来ません。
どうしたら良いのか・・・。

電話連絡して数時間後、店を訪ねてひとりの男性がやってきます。
なんと、K清掃の担当の方です。
「近くに来る用事があったので、どうしたかと思いまして・・・。」
本当に用事があったかどうかはわかりませんが、とても良いタイミング。

FAXの内容を見て、少し困っていることを話します。
すると、とりあえずオープンしてしばらくの間は、定量契約をしないことに。
ゴミの量によって、請求してもらう方式にするとのことです。
そうしてしばらくしてから、定量契約をすることにします。
臨機応変に対応していただきました。
感謝です。

chapot cafe
[PR]
by chapot | 2007-08-25 23:55 | 奮闘記 | Comments(0)

心当たりもあったので・・・。

オープンしてからの大きな問題のひとつにゴミのことがあります。
とにかく何をしても、ゴミが出てきます。
食事を作れば、食材の残りや包装材がゴミ。
もちろん食べ残しも、そのまま生ゴミ。

コーヒーを淹れれば、コーヒーの粉。
紅茶だって、出がらしの茶葉。
ミルクの空き箱、食材が入っていたビンやカン。
掃除をしたって、ゴミが出ます。

普通に生活していれば、これらのゴミは指定の日に回収されます。
住んでいるところの、行政機関が住民のゴミを回収するからです。
しかし、商売をしている場合は、そうは行かないはずです。

そこで、市役所にどうしたら良いか確認することにします。
なにしろ市役所はすぐ近くですから、直接聞きに行きます。
ゴミ関係の業務の担当部署は、市役所の環境課。
環境課の窓口に行くと、一番近くの職員が対応してくれます。

僕「この近くでカフェを開くのですが、ゴミの処理はどうしたら良いですか。」
職員「店のゴミは市では回収しません。業者に依頼してください。」
僕「量としてはそれほど多くはないと思うんですが・・・。」
予想通りの答えに、僕はちょっと抵抗してみます。
職員「量は関係ありません。業者に頼んでください。」

まあ、思っていた通りではあります。
それにしても、なんだか対応が冷たいよなあ。
ちょっと威圧的にも感じるし・・・。
顔が見えない分電話で聞けば良かった、と思ってしまいます。

それはそれとしてどこか、廃棄物処理の業者を探さなければなりません。
環境課に聞けば、紹介もしてくれると思いますが、
何となく紹介してもらわないことに・・・。
特に理由は無いんですけどね・・・。
心当たりの業者さんもあることはあったので・・・。

chapot cafe
[PR]
by chapot | 2007-08-24 23:28 | 奮闘記 | Comments(0)

現地調査

今日は保健所による、食品営業許可申請の現地調査です。
午前中に調査に入るとのこと。
朝9時過ぎには店に行き準備・・・、と言っても特に準備することは無し。
ほとんど、昨日までに終らせてあります。

10時過ぎに、保健所の担当官らしき車が店の前に止まります。
いよいよです。
我が奥さんが窓から外を確認して、入口のドアを開けます。
入ってきたのは、50歳を過ぎたと思われるちょっと大柄な女性です。

それほど派手ではないアロハにチノパン、スニーカーといういでたち。
持っているクリップボードに、提出した申請書が挟んであります。
「木の香りがいっぱいですねー。」
そう言いながら、調査を始めます。

まずはトイレから確認、図面と比べながら申請書にチェック。
そして、今度は厨房の確認。
シンクの形状、冷蔵庫の温度計、厨房出入口のドア、ゴミ箱の状況等など。
図面を見ながら、事前相談どおりになっていることの確認という感じ。

食器棚の中の食器を確認した際には、
「この食器は作ったの?ステキね。」
舘さんのカップ&ソーサーを見ての感想です。
ちなみにこの時は、全ての食器が食器棚に納まることの確認です。

ということで、一通りの確認が終って、担当官が言います。
「問題はありませんね。今日中の許可になります。
 明日から営業が出来ますよ。」
「検便の結果がまだ出ていませんが・・・?」
僕が思わず聞きます。
「それは関係ありません。もし何か出た際に、対処して下さい。」

担当官が到着して、この会話がされるまで約15分。
なんとあっけない・・・。
明日から営業・・・は致しません。念のため。

chapot cafe
[PR]
by chapot | 2007-08-22 23:53 | 奮闘記 | Comments(4)