ブログトップ

カフェ日記

chapot.exblog.jp

<   2007年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

酸味と焙煎の関係(コーヒー考)

コーヒー自体の酸味と、鮮度が落ちてしまった豆の酸味。
これほど違っているのに、これほど混同されてしまっているもの。
他にはあまり無いかもしれません。

「私、酸っぱいコーヒーは嫌い!」
こういう話、良く聞きます。
僕の店でも、そういうお客様は、少なからずいらっしゃいます。
でも、多分この場合の『酸っぱい』は、古い豆の酸味だと思われます。
コーヒーが好きな方が、ベストな焙煎のコーヒーの酸味が嫌いとは思えません。

もともとどんなコーヒーも、酸味はあるのです。
焙煎が浅い豆、要するに焼き具合が弱い豆はどれも酸っぱい。
焙煎の度合いで、一番浅い焙煎に『シナモン』というランクがあります。
要するに、生豆に一番近い状態の焙煎ですね。

通常はこの状態でコーヒーを飲むことはありません。
このシナモンは、豆の品評会などで使われる焙煎です。
この状態で淹れたコーヒーは、かなり酸味が強い。
ほとんど苦味を感じないと言われるくらいです。

コーヒーは焙煎を深くすると、つまり焼きを強くすると、
酸味に変わって、苦味が出てきます。
焙煎度が一番深い『イタリアン』などは、酸味はほとんど感じません。
焙煎をどこまで行うかによって、この酸味と苦味が美味く調和するわけ。

この調和をどのようにつけるかが、焙煎の腕の見せ所ですね。
それは豆の種類によって、一番ベストな焙煎度合いが変わってくるからです。
酸味に特徴があり、浅い焙煎度合いで一番美味しくなる豆もあれば、
逆に苦味が売りで、深い焙煎にして飲むのに適した豆もあります。

そして、ベストな焙煎にした豆でコーヒーを淹れた時、
酸味と苦味が美味く調和して、フルーツのような甘みを感じたりします。
これほど、コーヒーにとっての酸味は、重要なものなのです。

このフルーティな味わいは、新鮮なコーヒー豆でしか経験できないのです。
焙煎後日が経つにつれ、豆は酸化してしまい、別の嫌な酸味が出てくるから。
あなたは、焙煎して何日経った豆で、コーヒーを飲んでいますか?

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2007-11-30 16:55 | コーヒー考 | Comments(0)

はじめまして

はじめて登場いたします、よめ(嫁)っこです。
これから時々・・・ほんとに時々登場します。よろしくお願いします。

今日は久々にどんよりした曇り空でしたね。
すっきり晴れた寒い冬の日もいいですが、
私は今日みたいな雲の厚い冬の日も、わりと好きです。
ちょっと煙たいような、秋から冬に変っていくにおいがしました。

こんな日は、あったかい部屋の中でひとりで事務作業をしたくなります。
暗くなるちょっと前くらいから、「さて夕飯の支度でもするかなー」と立ち上がるくらいまで。
手紙を書いたり、家計簿をつけたり、書類の整理をしたり・・・。
その作業に入るときは、必ずお茶を片手に始めます。
昔から、机の前に座るときはお茶がないとイヤなんです。

カフェ屋をやっているのに、ひとりのその時間を過ごす時はもっぱら
インスタントコーヒーか、ほうじ茶。
なんだかホっとするんですよね~。

今はお店があるので、そんな時間も取れませんけど・・・。

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2007-11-27 23:54 | よめっこ日記 | Comments(4)

小さなあかり

f0130259_155208.jpg
先日ギャラリーBirneさんで行われているKUROMAME展のことについて書きました。

古い道具を利用したあかりの作品展です。

実は、その作品展に行った際に、小さなあかりを買い求めました。

作品展が昨日で終了したのを受け、Birneのオーナーさんが届けてくださいました。

さっそくレジ上のカウンターで点灯です。

高さがおよそ27~28センチ程度の、小さな豆球のスタンド。

なかなか、良い雰囲気を醸し出しています。

ちなみに、電球の部分は、アイアン製の古い朱肉入れ。

台座は、これも昔の文鎮を使っています。

それにしても、電球のあかりって、なごみます。

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2007-11-26 16:07 | 日記 | Comments(2)

今週のランチ(11/26~12/1)

小春日和の1日でした。
でも北国ではかなりの雪が降ったようです。
大変な事故のニュースも、入ってきています。
季節がちょっと変ですね。
風邪やインフルエンザも、流行っているようです。
とりあえず、自分のことを気をつけたいですね。

ランチメニュー
①ランチ単品・・・ 820円
②ドリンクセット…1100円 
③ドリンクセット…1200円
 ②コーヒー:風のブレンド  ③コーヒー:山のブレンド・海のブレンド
     紅茶:キャンディ           氷のブレンド(アイス)
                    紅茶:アッサム・ベルガモット

◆おうちごはんランチ・・・おそうざいが週ごとにかわります。
  11/26(月) ~ 11/30(金)※土曜日は日替わりのみです。
    ポテトコロッケ・チーズコロッケ
    ひじきのサラダ・おとうふのこばち
    玄米ごはん・スープ

◆ 日替りランチ   
  11/26(月)          
    豚バラのせトマトごはん         
    ひじきのサラダ・かぼちゃスープ    
    おとうふのこばち          
  11/27(火)
    ハムと黒胡椒のパン
    ほうれん草ときのこのキッシュ
    具だくさんミネストローネ
  11/28(水)          
     れんこんと牛肉のきんぴら丼       
     ひじきのサラダ             
     おとうふのこばち・スープ        
  11/29(木)
    チキンカレー
    ひじきのサラダ
    ヨーグルト
  11/30(金)           
   えびとイカの洋風煮プレート       
    ひじきのサラダ                                  
  12/1(土)
    チーズオムライス
    ひじきのサラダ・スープ
    おとうふのこばち
       単品: 700円
       ドリンクセット: 980円
       ドリンクセット: 1080円
      ※セットのお飲み物は上記よりお選びください

  〇都合により変更になる場合があります

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2007-11-25 22:14 | ランチメニュー | Comments(0)

遊覧飛行船?

f0130259_2330888.jpg

上の写真は、午後3時15分ころの店の窓から撮ったもの。
良くみると、空に何か浮かんでいるでしょ。
デジカメの倍率を最大限にして撮ったので、見にくいですが・・・。

これ、別に珍しい物ではないんですが、飛行船です。
でも、飛行船としては、珍しいもののようです。

普通良く見かける飛行船って、主に広告用ですよね。
電気メーカーとか、住宅メーカーとかの広告を付けて飛んでます。
しかし、この飛行船には広告が無いのです。
写真では良く見えないですけど・・・。

どうやらこの飛行船は、定期便の遊覧飛行をしてるらしいのです。
定期便と言っても、昨日11月23日から1月5日までの短期間。
桶川の基地を出発して、東京上空を1周する90分の遊覧。

その飛行船が、ちょうど大宮上空を通り過ぎているのが見えるのです。
飛行船での遊覧飛行って、どんな感じなんですかね。
フワフワと風船に乗っている感じなんでしょうかね。

ちょっと興味があります。
でも、90分の飛行で、最低13万円弱からだそうで、
日にちや時間によっては、16万円以上するらしいのです。
これって、高いのか、安いのか???

アッ、こういう夢のある乗り物に、下世話な話は似合わないですね。
失礼しました。

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2007-11-24 23:34 | 日記 | Comments(2)

紅茶を淹れようⅣ(紅茶考)

さあ、お湯をポットに入れて蒸らします。
蒸らす時間は、基本は3分くらいです。
しかし、茶葉の形状や量によって、短くしたりもっと長くしたりします。
これは、個人の好みによりますが、ここでは茶葉5グラムで3分とします。

蒸らしている間に、今度はカップに湯を注いで温めます。
ゴールデンルールの『ポット、カップを温める』のところですね。
せっかく熱く淹れた紅茶が、カップが冷たいがために冷めてしまうのを防ぎます。

砂時計の砂がもう少しで落ち切るところで、カップのお湯を捨てます。
この時、できればそのカップの水分を乾いた布で拭き取りましょう。
カップに残った水分で、紅茶が薄まってしまうのを防ぎます。

砂時計の砂が落ちきったところで、ポットの中の紅茶を軽くかき混ぜます。
あればバースプーンが便利ですが、無ければティースプーンで十分です。
ただし、ティースプーンの場合、熱い紅茶でやけどしないように・・・。

おっと、この時あまり強くかき混ぜないで下さい。
茶葉を強くかき混ぜると、余計な渋味が出てきてしまいますよ。
このかき混ぜるのは、ポットの中の紅茶の濃度を均一にするためなのです

軽くかき混ぜたら、いよいよカップに注ぎます。
茶漉しを使って、カップに茶葉が入らないように注ぎます。
ポットには2杯分の紅茶がありますので、2杯を注ぎます。
この時は、2つのカップの濃さを均一にするため、回し注ぎをします。

実はゴールデンルールを7項目で表す場合、『濃さを均一にする』が入ります。
これは、日本茶を淹れる場合など、誰でもやっていることですよね。
紅茶でも、同じことをすれば良いわけです。

ポットから紅茶を注ぐ場合、茶漉しの最後の1滴まで振り落とします。
これを、『ゴールデンドロップ』と呼び、味を引き締めると言われています。
但し、ゴールデンドロップは渋いので苦手、と言う意見もあります。
この辺は、個人の好みと言えるでしょう。

さあ、これで美味しい紅茶が淹れられました。
この手順で淹れた紅茶、いつもとの違いにきっと驚きますよ。
でも、ちょっと面倒ですかね?

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2007-11-23 23:39 | 紅茶考 | Comments(0)

筋子からイクラへ

生筋子をいただきました。
さっそく、イクラの醤油漬けを作ります。↓
f0130259_16231678.jpg

漬け汁に漬けた直後を撮ったので、泡だらけですね。
これが、2~3日も経つと、もう絶品。
これを炊きたてのご飯に乗せて・・・。
考えただけでも、嬉しくなります。

それにしても、生筋子をお湯に入れてばらす作業(イクラにする作業)、
気持ち悪いとも言えるし、気持ち良いとも言えます。
生臭い臭いはともかく、ぬるま湯の中のヌルッとした感覚が、
初めはちょっと嫌なんですが、段々と気持ちよくなってきたりして・・・。
おかしいですかね。

とにかく、早く漬からないかなあ。

あっ、このイクラ、店のメニューにはなりません。
ごめんなさーい。
 
chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2007-11-22 16:37 | 日記 | Comments(2)

ストーブの季節

今日の昼間はそこそこ暖かかったとはいえ、朝晩はかなり寒くなります。
明日辺りからは、昼間もあまり気温が上がらなくなるとか・・・。

そこで、ストーブを出しました。f0130259_17594666.jpg
ただし、今日はまだ火を入れていません。

いつでも使えるように、スタンバイです。

もちろん、エアコンで暖房はできます。

でもストーブの暖かさって、何かエアコンの暖房と違うと思うんです。

何て言うか、実際に火が燃えている暖かさって言うのかな。

燃えている火って、見ているだけでも楽しいし。
それって、僕だけ?

それと、ストーブの上にやかんを乗せて、
蒸気がシュンシュンといってるのも、とても和みませんか?
そんなわけで、店の中が寒くなったら、ストーブに火を入れます。

まあ、このストーブだけでは店内は十分に暖まりませんから、
エアコンと併用になりますけどね・・・。

ただ、心配なのは、お子様です。
お子様が来たら、少なくともやかんははずすことにします。
今、やかんの乗ったストーブのある家って、少ないようですから。

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2007-11-20 18:13 | 日記 | Comments(8)

今週のランチ(11/20~11/24)

昨日の夕方から急に寒くなりました。
今日はそのまま、寒い日になりました。
我が家は昨晩、今シーズン初の鍋にしました。
寒い日には、やはり鍋に限りますよね。

ランチメニュー
①ランチ単品・・・ 820円
②ドリンクセット…1100円 
③ドリンクセット…1200円
 ②コーヒー:風のブレンド  ③コーヒー:山のブレンド・海のブレンド
     紅茶:キャンディ         氷のブレンド(アイス)
                 紅茶:アッサム・ベルガモット

◆おうちごはんランチ・・・三種類のおそうざいが週ごとにかわります。
  11/20(火) ~ 11/23(金)※土曜日は日替わりのみです。
    れんこんの豚肉巻きフライ
    ささみと長いもの梅あえ・おとうふのこばち
    玄米ごはん・スープ

◆日替りランチ   
  11/20(火)          
    煮込みハンバーグ            
    ささみと長いもの梅あえ         
    おとうふのこばち          
  11/21(水)
    ハムと黒胡椒のパン
    かぼちゃのキッシュ
    クラムチャウダー
  11/22(木)          
    えび入り炒りどうふ丼          
    ささみと長いもの梅あえ         
    おとうふのこばち・スープ        
  11/23(金)
    タイカレー
    ささみと長いもの梅あえ
    ヨーグルト
  11/24(土)
    カニのトマトクリームパスタ
    ささみと長いもの梅あえ
    単品: 700円
     ドリンクセット: 980円
     ドリンクセット:1080円
※セットのお飲み物は上記よりお選びください。

  *都合により変更になる場合があります。

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2007-11-19 20:17 | ランチメニュー | Comments(0)

小さな心の洗濯

今日はふじみ野市内のギャラリーBirne(ビルネ)さんに寄ってみます。
KUROMAME展という、オリジナル『あかり』の展示です。
我がカフェでも案内のハガキを、レジ前のテーブルに置いてあります。↓
f0130259_21314142.jpg

ギャラリーBirneさんは、閑静な住宅街の中にあります。
中に入っても、とても静かです。
また、余計な装飾も無いので、展示品をゆっくりと楽しめます。

KUROMAMEと言う東松山のこちらもギャラリーのオーナーの作品展。
このギャラリーは、主に骨董系の物を扱っているようですが、
オーナーは、その骨董などを使って『あかり』を作っているとのことです。
その作品展を、Birneさんで実施しているのです。

作品は、古い道具などを利用した、装飾用の『あかり』達。
例えば、上の案内のハガキの写真に写っているのは、油差しを使った『あかり』。
その隣の小屋も、実は『あかり』です。
古い板をそのまま利用して作ったとのことです。

その他にもギャラリーの中には、大小様々の『あかり』が展示されています。
訪れたのは、昼間でしたが、結構良い雰囲気です。
夕方暗くなってから寄ってみると、多分もっと違った感じになるかも・・・。

こんな小さな展示でも、十分に心の洗濯ができます。
良い休日になりました。

Birne(ビルネ)さんのホームページはこちら:Birne
KUROMAMEさんのブログはこちら:KUROMAME

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
by chapot | 2007-11-18 21:37 | 日記 | Comments(0)