ブログトップ

カフェ日記

chapot.exblog.jp

幻のカフェ

椅子と共にテーブルについても、自分達で用意することになっています。
このテーブルについては、あるカフェとの出会いを語らなければなりません。

僕がまだ退職する前の話になります。
我が奥さんの姉が、要するに義姉ですが、変なカフェがあると言ってきます。
そのカフェは、確かにカフェと看板を上げている。
しかし、平日に行っても、日曜日に行っても営業していないと言うのです。

ただ、その様子は住宅を大改装した感じで、かなり気になる・・・。
ぜひ行ってみたい。
でも、いつ行ってもやってない。
まさしく、『幻のカフェ』です。

それから日にちが経ち、僕が退職をして間もなくのことです。
我が奥さんの今度は友人から、連絡が入ります。
知合いがカフェをやっているので、一緒に行ってみないかとのこと。
その友人は僕達がカフェをやる準備をしていることは知っています。
それで、誘ってくれているのでしょう。

そして、よくよく話を聞いてみると、
なんとそのカフェは、義姉が話していた、あのカフェ!なのです。
なんという偶然なのでしょうか。
という訳で、いよいよ『幻のカフェ』の扉を開くことになります。

ところが、我が奥さんとその友人は女同士の積もる話があるとかで、
結局2人で行くことになります。
要するに、僕の参加は拒否ということ・・・。
まあ、仕方ありません。
『幻のカフェ』の実態は、その報告を待つことに・・・。

chapot cafe
[PR]
# by chapot | 2007-04-24 16:19 | 奮闘記 | Comments(0)

お客様、ご注文は!

そうです。
店にはなかった教会椅子、カフェでは使っていたのです。
じゃあ、何で店にはないの!
と思いながら自分の座っている椅子に視線を落とします。
座面がベルベットの布の、アンティークの椅子。

ふと見ると、そこには1枚の小さな紙がさがっています。
 『¥45,150-』
これって、売り物?
ということは・・・。

店員さんが注文を取りに来ます。
すかさず僕はテラス席の椅子を指差して聞きます。
 僕「あの椅子、売り物ですか?」
 店員「当店で使用している家具は、全てお買い求めできます。」
 僕「あの椅子見せてもらっても良いですか。」
と言いながら、僕は既に立ち上がっています。
 店員「結構ですが。お客様、ご注文は!」

「ご注文?椅子です。」とは答えませんよね。
取り合えず、ドリンクとスィーツを注文(スィーツは余計かな)。
すぐにテラスに行って、椅子を見ます。
なんと、丁度3脚あるではないですか。

君達は僕が来るのを待っていたんだねー。
勝手にそう思いながら、係りのスタッフを呼んでもらいます。
少しふらついている物もあったので、修理をしてもらうことで、
無事3脚とも購入ということになりました。

やっと、そろった。

chapot cafe

追伸です:今回のグローブは都心にあるアンティークの大型店。
      地下1階から3階まで大小様々の輸入アンティークで一杯です。
      実は、店の裏にも小さな売り場があります。
      スタッフがいないと閉まっていますが、この中がおもしろい。
      お立ち寄りの際は、絶対に裏の売り場にも寄って下さい。
[PR]
# by chapot | 2007-04-23 23:51 | 奮闘記 | Comments(0)

三宿のアンティークショップ

あっという間に3月になってしまいます。
黒磯以降、残り3脚の椅子は、見つかりません。
ある日世田谷区の三宿にあるアンティークショップに出かけます。
グローブという店です。
目的は店で使う照明を作ってもらうことです。
店ではシャンデリア球を下げただけの、簡単な照明を使う予定です。
グローブではそのような照明を作ってくれるのです。

しかし、アンティークショップですから、当然椅子の期待もあります。
実は初めて教会椅子を手に入れたのは、このグローブなのです。
ただ、その時は三宿店ではなく、横浜店でした。
現在は、横浜店は撤退してしまっていますが・・・。

三宿店は地下1階から地上3階まであり、結構大きな店です。
取り合えずすべてのフロアを見てまわり、椅子を物色。
しかし、残念ながら今回は教会椅子は置いていないようです。
仕方ありません。
当初の目的である照明の依頼をします。

その日は午前中からあちこちと歩き回ったので、
いささか疲れ気味でした。
そこで、ちょっとお茶でもしようかということになります。
実は、僕達は出かけるとしょっちゅうお茶しています・・・。

丁度良いことに、このグローブの1階の一部がカフェになっています。
1階のフロアと、少し高くなっているテラスに席があります。
僕達は1階フロアの席に座りました。
高くなっているテラス席が、丁度目の高さになっています。
そして、そのテラス席にあったのは・・・、
まぎれもなく、教・会・椅・子・・・。

chapot cafe
[PR]
# by chapot | 2007-04-22 23:54 | 奮闘記 | Comments(0)

それ、売ってください!

そうです。
店のスタッフが修理をしているのはまさしく教会椅子です。
修理している椅子のまわりにも、何脚か置いてあります。
 「それ、売って下さい!」
思わず声をかけてしまいます。

その声に気がついたスタッフがこちらにやってきます。
 スタッフ「申し訳ない。あれはもう売約済みで・・・。」
ガーン!!!
 僕「あそこにあるの、全部?」
僕はすがりつくように聞きます。
 スタッフ「はい。何日か前に14脚ほど入ったのですが、欲しい方がいて。」

なんてタイミングが良くないのか。
その時僕は相当落胆した様子だったようです。
 スタッフ「教会椅子をおさがしですか?」
 僕「はい、なかなか無くて・・・。」

ちょっと間があってから、スタッフが言います。
 スタッフ「2脚で良ければ、何とかなります。」
 僕「えッ、大丈夫なんですか。」
 スタッフ「ただ、ちょっと状態が良くないので、修理に時間をいただければ。
    ちゃんと直しますよ。」
 僕「何日くらいかかるのですか?」
 スタッフ「そうですね、最低1ヶ月くらいですかね。」

1ヶ月であれば、全く問題ない。
さっそく購入することにします。
当初の目的はともあれ、黒磯、良い旅になりました。
あと、3脚!

chapot café

追伸です:今日、二子玉川のアンティークショップに行きました。
      色々良い物が置いてありました、が・・・、
      他のショップに比べて、かなり高めの値段設定!
      アンティーク物は値段が無いようにも思われますが、
      実際には、ある程度の相場があると思います。
      この辺は、多くのショップを見て回るしかないですね。
[PR]
# by chapot | 2007-04-21 23:57 | 奮闘記 | Comments(0)

黒磯のアンティークショップ

教会椅子を探してはいるものの、見つからずに時が過ぎます。
まあ、このことだけをやっている訳ではないので・・・。
とは言っても、さすがに年が変ってしまうと少し焦ります。
積極的にアンティークショップを回ってみます。
それでも、無い時はどこに行っても全く無い。

あっという間に2月になってしまいました。
その頃、那須に行ってみたかった有名なカフェがあり、行くことにします。
那須インターから少し行ったところにあるそのカフェは、大人気。
ただ想像していた店とはかなり違っていて、ちょっとがっかりです。
同じオーナーが経営しているカフェが黒磯にもあり、
せっかくなので、そこにも行ってみることにします。

そのカフェはアパートの2階を改装した店ですが、こちらも有名店、
休日だったこともあってものすごく混んでいます。
この辺りはこのカフェを中心に、オーナーが様々なショップを展開。
ギャラリーあり、ブティックあり、アクセサリーあり、雑貨屋あり・・・。
中には改装中の店もあり、また何かを始める様子。
さながらこの店達で、この町のこの一角が占められているような感じ。

カフェ自体は那須と同じで、僕としては期待外れ。
仕方ないので、ちょっと町をぶらぶらとします。
色々なショップの中に、アンティークショップもありました。
椅子のこともあり、アンティークショップには敏感になっています。
さっそく中へ。しかし、やはり目的の物はありません・・・。

あきらめかけて、ふと外を見ると店のスタッフが何かを修理しています。
アッ! 教会椅子!!!!!

chapot café

追伸です:今回のカフェはショウゾウカフェという店です。
     黒磯、那須にカフェで3店、その他の店多数あります。
     古い建物を改装して店にすることのはしりの店です。
     とにかく有名店ですので、特に休日は並ぶのは必至。
     それと、フードはサンドイッチしかありませんのでご注意を。
     でも、ここのスコーンは絶品です。
[PR]
# by chapot | 2007-04-20 23:37 | 奮闘記 | Comments(0)