ブログトップ

カフェ日記

chapot.exblog.jp

奇跡?

それからは、他の不動産屋とも連絡を取りながら物件を探します。
はじめの失敗から、個人営業の不動産屋には極力行かないようにしてます。
また、服装もスーツとは行かないまでも、少しきちんとすることにしています。
しかし、なかなか良い物件にはあたりません。
本当は個人不動産の方が、色々物件を持っているのかなーと思い始めました。

そんな時です。S開発で話しを聞いてから、1ヶ月くらい経った頃でしょうか、
A氏から電話が入りました。電話の向こうでA氏が興奮して話します。
 A氏「出ましたよ。出ました!」
 僕「何がですか?」
 A氏「例の土地です、例の。始めに希望していたあの土地が売りに出てます。」
 僕「えっ、本当ですか?あそこ買えるんですか?」
僕も驚いてちょっと興奮気味になります。
 A氏「ちょっと条件はあるんですが、悪くないと思いますよ。」
 僕「条件?」
 A氏「あの土地やはり相続で売りに出たんですよ。
それを競り落としたのが住宅開発会社のFOさんなんです。」

住宅開発のFO・・・。いわゆるパワービルダー・・・。
 A氏「そのFOさんが整地して、家を分譲するんです。
    その分譲を手がけるのは当社でして、今なら好きな場所が選べます。」
 僕「でも、建築はFOさんでやることになるんですか?」
 A氏「そういうことになります。建築条件です。
大丈夫、FOさんはちゃんとした建設会社ですから・・・。」
建築条件は本来望まないのですが、なにしろ希望していた土地そのものです。
さっそくS開発に出向いて、詳しい資料をもらうことにします。

そして、その日のうちにS開発に行き、詳しい説明を受けます。
土地自体は相当広いので、FOが土地を分割しています。
ちょっと狭くなってしまうのですが、カフェ建築には多分問題はないと思います。
金額も予定の金額に納まる内容です。
唯一問題は、やはり建築条件・・・。
こちらの希望に沿った建物を建ててもらえるのかどうかということ・・・。
図面を見ながら、そう考えているとA氏が言いました。

 A氏「実はカフェのことをFOさんに話したんですよ。
    そうしたら、支店長さんが是非お会いしたいと言っているのですが。」
 僕「FOさんの支店長さんが? 僕に・で・す・か?」
A氏が頷きます。
そんなわけで2日後の夕方、FOの支店長さんとお会いすることになりました。
開発会社の支店長が、いったい何故、僕と・・・。

chapot café
[PR]
# by chapot | 2007-03-29 18:58 | 奮闘記 | Comments(0)

あらぬ疑い?

何日か経ってから、S開発のA氏から電話が入ります。
 A氏「ちょっと紹介したい物件があるんですよ。」
 僕「どんな物件ですかね。」
 A氏「富士見市内の建物付の土地なんですが、電話では説明しにくいです。」
 僕「それでは、会社へ伺いましょうか。いつが都合が良いでしょう。」


なにしろ僕は今無職ですから、いつでも話しを聞きに行ける状態です。
 A氏「いや、私も昼間はなかなか時間が取れないものですから・・・。
    よろしければ今夜そちらの家に伺ってもよろしいでしょうか?
    たまたま私の帰り道の途中なんですよ。」
 僕「どうぞどうぞ。何時くらいになりますかね。」
 A氏「あまり遅くても申し訳ないんで、夕方6時ころではいかがでしょう。」

忙しいというわりには、早い時間だなと思いながらも僕はOKをします。

その日の夕方、約束の時間をほんの5分ほど過ぎてから玄関ベルが鳴ります。
A氏は少し時間が過ぎてしまったことを詫びながら家に入ります。
お茶を飲みながら、たわいのない話が始まります。
 僕「家、すぐにわかりました?」
 A氏「すぐにわかりましたよ。家の特徴も聞いてた通りでしたし。」

A氏は部屋を見渡しながら、話を続けます。
 A氏「この家まだ新しそうですね。築何年ですか?」
 僕「昨年の夏に引き渡しになったんです。」
 A氏「なるほど。どうりでまだきれいだと思いました。
    このくらいの家ですと、どのくらいかかるんですかね。
    ローンとかも結構大変なんでしょうね。」


この辺まで会話が進むと、A氏の今日の我が家訪問の真意が見えてきます。
よくよく聞くと、A氏の家は必ずしも我が家が帰り道にはありません。
わざわざ遠回りをしているらしいのです。
ということは、この日は僕というか我が家の様子を見に来たようです。
つまり、土地を買いたいといきなり飛び込んできたやつに、物件を紹介して
本当に大丈夫なのかということを確めに来たのでしょう。

その時の話の中で、現在自分の経済状況など、それとなく話しました。
A氏は一応安心したのではないかと思われます。
ちなみに、その時持ってきた物件は、A氏も『これはだめだとは思うんですが。』
と笑いながら渡してくれました。
もちろん、良くない物件でした。

chapot café

追伸です:昨日戸田にあるカフェで昼食を食べました。
     café SHIBAKENという店です。
     埼玉県では結構有名な店です。
     最近すぐ近くに大きなマクドナルドができて、
     少し空いたとう噂もありますが、昨日の昼は満席でした。
     ホームページが無いので、情報を書いておきますね。
      住所:埼玉県戸田市上戸田1-17-13
      電話:048-434-0315
      ※不定休なので、問い合わせをして下さい。
f0130259_1725275.jpg

[PR]
# by chapot | 2007-03-27 17:25 | 奮闘記 | Comments(2)

土地探しⅣ

『カフェ開きたいんです。』
この言葉にA氏は少し戸惑った様子です。
A氏「駅前とかの土地をお探しですか?」
 僕「いえ、住宅地で良いんです。例えばここだったらという場所があります。」

そう言って僕は、例の富士見市役所の近くの土地のことを話しました。
 A氏「うーん・・・。あの様な場所は相続でもないと売りに出ないんです。
    たとえ売り出されても、住宅開発会社さんが一気に買い取りますね。」

つまりめったに売りに出ないし、売りに出ても個人では手が出せないという訳。

そういわれてみれば、自分の住んでいる回りでも同じです。
土地が売り出されるという噂が立つと、パワービルダーが買い取っています。
やっぱり、希望の土地を探すのは、なかなか難しい。
またもやあきらめムードになりそうです。

そうは言っても、この業者さんはこの辺の物件には相当自信があるようです。
とにかく希望に近い土地を探してみましょうということになりました。
ただ、このA氏いわく、他の業者さんも当たって見た方が良いとのこと。
情報は色々なところから入れたほうが、早く入手できるという訳です。

それと、希望の地域で現在売りに出ている物件1件と、これから売りに出る予定
の物件1件を紹介してもらいました。
両方とも、上物がありますが、どちらも古い建物で取り壊しされるそうです。

A氏は本当に住宅地でカフェが営業できるのかと、疑問に思っている様子です。
そのため、自分達の思い描いているカフェの話をして、説明します。
いわゆる始めに考えたショップコンセプトのことです。
あまり納得は行っていない様子ですが、まあ僕の思いは伝わったと思います。

その日は、そういった話をしたりしてかなり時間を取ってしまったため、
本来の目的であったK不動産には行かないことにしました。
代わりに紹介してもらった物件の片方を見て帰ることにしました。
ただし、紹介された土地はあまり良い場所ではありませんでしたが・・・。

とにかく、まだまだ時間は十部にあります(この時点は5月)。
拙速に事を進めずに、じっくりと土地探しに取り組むことにします。
先は長そうです・・・。

chapot cafe
[PR]
# by chapot | 2007-03-26 00:14 | 奮闘記 | Comments(0)

土地探しⅢ

実はカフェを開くなら是非ここでやりたい、という場所がありました。
それは、我が奥さんの実家に行く途中にある場所です。
少し高台になった畑で、車で通る道から良く見えるのです。
大よその場所は埼玉県富士見市役所のすぐ近くの所。

この場所も含めて、富士見市やふじみ野市を扱っているのが、
地元建設会社の不動産部門である、K不動産です。
そのK不動産を訪ねることにしました。
その会社は上福岡駅の程近くに本社を構えています。
上福岡駅近辺は駐車場があまりないので、隣のふじみ野駅に
車を停めて、一駅移動することにしました。

後でわかったのですが、K不動産は提携の駐車場があったのです。
しかし隣の駅に駐車したことが、結果良い方向に動くのです。
駐車場に車を停めて駅に行く途中のマンションの1階、
以前は輸入家具の店があった場所が、リニューアルされています。
部屋がいくつかに区切られ、何店か店が入っています。

その中のひとつにS開発という、やはり大手の不動産屋がありました。
その前を一旦は通り過ぎたのですが、何となく話を聞いてみたくなりました。
こういうのは胸騒ぎと言うんでしょうか。とにかくここに寄りたいと思ったのです。
引き返して、その5分後にはS開発の接客用テーブルの前にいました。
皆営業に出ている中、唯一会社にいたA氏が話を聞いてくれました。

A氏は身なりがきちんとしており、はやりのふちなしめがねをかけた、
物腰の柔らかい方です。
 僕「土地を探しているんです。」
 A氏「ご自宅用ですか?」
 僕「いえ、カフェを開きたいんです。」

話しはこのように始まりました。

chapot cafe

追伸です:昨日、栃木県の益子と茨城県の笠間に行ってきました。
       どちらも陶芸で有名な地域ですね。
       益子に行くと良く立ち寄るKENMOKU CAFEに寄りました。
       なかなか雰囲気の良いカフェです。  
    http://www.geocities.jp/tsuchikukan/cafe/kenmoku.html
      
f0130259_2112337.jpg

 
f0130259_2111125.jpg

[PR]
# by chapot | 2007-03-25 02:11 | 奮闘記 | Comments(0)

土地探しⅡ

それからも、候補地をいろいろと探してみます。
ただ、最初の失敗の教訓を生かすべく、服装には気をつけました。
普段着は普段着ですが、できるだけ小奇麗な格好をするようにします。
しかし、なかなか気に入るような場所は見つかりません。

次に不動産屋さんへ行ったのは、さいたま市のプラザです。
この不動産屋さんは地元の業者さんですが、前回と違うのは、
かなり大手で、プラザ地区の多くの物件を扱っているということ。

今回はいきなり飛込みではなく、実際にプラザに住んでいる人に
事前に情報を聞いて行きました。
そんなこともあってか、この店ではけんもほろろということはなく、
丁寧な説明を受けました。
実際に物件も2件ほど出してもらいました。
もちろん、引き続き物件を探してもらうことにもなりました。

やはり、大手の業者は違いますねー。
と前回の個人業者でのよからぬ思いと、どうしても比較してしまいます。
まあ、心の中ではどう考えているのかわかりませんが、
すくなくとも、今回は僕のことをお客として扱ってくれましたから・・・。

紹介してもらった物件を見に行きます。
プラザという街は、この辺りでも比較的高級な住宅街なのです。
したがって紹介された物件を含め、みな土地が大き目なのです。
そしてどれも皆上物が乗っています。つまり家が建っているわけです。
一般住宅ですから、そのままではカフェとして使用はできません。
大改修を施すか、建て直すかのどちらかとなります。
どちらにしても、大変な費用がかかることになると思われます。

うーん、プラザは無理か・・・。
おっと、ここで諦めてはいけませんよね。
まだ、土地探しは始まったばかりではありませんか。
初めからそんなに簡単に見つかるとは思ってはいませんから、
これからもっと色々な物件を見て、ベストな場所を見つけなければ。

さてさて、どうなることか

chapot cafe
[PR]
# by chapot | 2007-03-23 21:44 | 奮闘記 | Comments(0)