人気ブログランキング |

コーヒーの酸味はフルーティ(コーヒー考)

コーヒーを飲んだ時、やけに酸っぱく感じた経験はありませんか?
舌を突くような、嫌な酸っぱさ。
こういうコーヒーを飲んで少し時間が経つと、胸がムカムカしてきます。
コーヒー飲むと夜眠れないと言うのは、こういう状態のことかもしれません。

この場合の酸っぱさが、鮮度が落ちたコーヒーの酸味です。
食べ物でも、鮮度が落ちると、酸っぱくなる場合があります。
普通、酸っぱくなったものは食べませんよね。
でも、コーヒーの場合、どういうわけか飲んじゃうんですよね。
何故って、この酸っぱさがコーヒーの味と勘違いされているから。
酸っぱくなるほど鮮度が落ちているんですから、胸焼けもします。

確かに、コーヒー自体にも、酸味はあります。
コーヒー豆は焙煎が浅いほど、要するに炒りが浅いほど、酸味が感じられます。
コーヒー自体の酸味と言うのは、舌をつくような嫌なものではありません。
逆に、舌の上を転がしたいような、甘味も感じるような酸味です。
決して、酸っぱいというものではないのです。

豆によっては、この酸味が特徴の豆も多いのです。
例えばモカハラーやハワイコナなどは、フルーティな酸味を楽しめる豆です。
新鮮なこれらの豆は、香りからしてフルーティです。

本当のコーヒーの酸味、それは新鮮な豆ならではの特徴です。
では、新鮮な豆ってどのくらいの豆?
賞味期限内なら、大丈夫?
残念ながら、コーヒーの賞味期限は、鮮度とはあまり関係ないようです。

通常コーヒー豆は、焙煎したら2から3週間で新鮮ではなくなると言われます。
もちろん、保存の方法にもよります。
しかし、1ヶ月以上は鮮度は保つことは、難しいと思われます。
大切なのは、いつ焙煎したか、焙煎してから何日経っているか、なのです。

では、豆を粉に挽いてしまったら・・・、なんと1日が限度と言われます。
コーヒー豆店で挽いた豆を買って、何日も保存なんていうのは論外なのです。

酸っぱいコーヒーと、コーヒーの酸味、勘違いしていませんか?

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
by chapot | 2007-11-03 21:55 | コーヒー考 | Comments(0)

open 12:00-18:00   (L.O.17:30)          日月3.4.5火定休


by chapot
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る