コーヒーの淹れ方も様々

美味しいコーヒー豆が用意できたら、今度はどうやってコーヒーを淹れるかです。
一口にコーヒーを淹れると言っても、その方法は様々です。

最も原始的というか、簡単な方法は、水に直接挽いた豆を漬け込んでしまう方法。
じか漬け方式というやり方で、抽出には数時間必要です。
こんなことしている人いるのかと思うかもしれませんが、
実際、この方法でコーヒーを淹れている喫茶店もあるんです。

同じく水で抽出する方法に、ウォータードリップがあります。
別名、ダッチコーヒーとも言います。
よく喫茶店で、何かの実験道具みたいな大きなガラス製の器具を見かけませんか?
フラスコの上になにやら渦を巻いたガラス管があったりするやつ。
実はこれがウォータードリップの器具。
コーヒーの粉にそれこそ一滴一滴水をかけて、ゆっくりじっくり抽出します。
家庭用の小さなものもありますが、やはり抽出には時間を要します。

サイフォンを使う人は、結構多いのではないでしょうか。
何だかこのサイフォンでコーヒー淹れてると、すごーくプロっぽくないですか。
昨年、昔あったひとり用サイフォンが久々復活して、ちょっと話題になりました。
サイフォンは、淹れている時にとても良い香りがするのが特徴ですね。
アルコールランプやガスの代わりに、ハロゲンランプを使っている店もあります。
ハロゲンの光がサイフォンのフラスコを照らして、視覚的にも美しくなります。

ドリップ方式は、手軽で色々な器具があります。
大きく分けると、紙を使う場合と、フランネルという布を使うものがあります。
そのほかに、金属製のものとかもありますが、あまり一般的ではないですね。
電気式コーヒーメーカーも、ほとんどが紙を使ったペーパードリップ方式です。

ペーパードリップには、カリタ式とか、メリタ式、コーノ式などいくつかあります。
それぞれに特徴があり、その淹れ方にも違いがあります。
フランネルを使ったドリップは、ネルドリップと言い、老舗の喫茶店でよく使ってます。
少し前のテレビドラマ『優しい時間』の喫茶店『森の時計』も、ネルドリップでした。
このフランネルは、繰り返し使用できるのが大きな特徴ですが、
水に漬けたまま保存しなければならないなど、取り扱いが少し面倒です。

フレンチプレスと言う器具を使って、コーヒーを淹れる人もいます。
ガラスの筒にお湯とコーヒーの粉を入れて数分放置。
その後レバーを押し下げて、コーヒーの粉を筒の下部に押しやってコーヒーを抽出します。
名前の通り、フランスの家庭では必ずあると言われる器具です。
本当かどうかは知りませんが・・・。

そのほかにも、アウトドア派のパーコレーターとか、
トルココーヒー用のイブリックなんていうのもあります。
自分に合った器具を見つけるのも、コーヒーの楽しみ方のひとつかもしれません。

chapot cafe (www.chapot-cafe.com)
[PR]
Commented by amami at 2008-02-09 23:30 x
以前住んでいたところで時々通っていたカフェでは水出しコーヒーを淹れられていました。
そのお店で初めて飲みましたが、とても澄んだ感じだったように記憶しています。
こうして並べてみるとホントにいろいろあるのですね。
それぞれの味わいの違いにも興味がわきました。
Commented by chapot at 2008-02-10 00:12
amamiさん、こんばんは。
水で抽出すると、コーヒーの脂肪分や渋味、エグミが溶け出さないのですっきりとした味になると言われます。
とにかく時間がかかるので、扱っている店はなかなか無いのですが、そういうお店をご存知なのはとてもラッキーだと思います。
水出し方式は、水の質にも左右されると言われます。そのお店はきっと水に自信があったのでしょう。
新鮮で良い水を入手できるのは、羨ましい限りです。
Commented by masa at 2008-02-10 22:09 x
マキネッタも混ぜてあげてください。
Commented by chapot at 2008-02-11 00:31
masaさん、こんばんは。
マキネッタ(モカ)つまり、直火式エスプレッソメーカーですね。
イタリアの家庭には必ずあると言われてます。これも本当かどうかはわかりませんが・・・。
実は、いわゆる通常のコーヒーとエスプレッソコーヒーを分けて考えておりまして、エスプレッソについては後日(かなり後になりそうですが)話題にしようと思っています。
その際には、もちろんマキネッタ(モカ)も話題にするつもりです。
Commented by masa at 2008-02-11 12:12 x
少なくとも、フレンチプレスよりかは普及していると思いますよ。(笑)
もともと、ティープレスはフレンチプレスから転用されたものですね。
ダッチと違ってオイルが多く抽出されるので、まろやかで深い味わいに上がりますね。
そういった点では、オイル分を圧力をかけて乳化させて抽出するエスプレッソに近いかもしれませんね。
エスプレッソの話題、楽しみにしています。
Commented by chapot at 2008-02-11 19:40
masaさん、こんにちは。
ティープレスと言えば、僕が学生だった頃(かなり昔です)喫茶店で紅茶をたのんだら、ティープレスで出てきて妙に感動した覚えがあります。
その頃は、同じものでコーヒーを淹れるなんて全く知りませんでした。

エスプレッソとの出会いは、それからずっと後になってのことです。
初めて飲んだ時は、苦くてとても美味しいとは思えませんでしたね。
今では、考えられないことです。
エスプレッソの話題、いつごろできるかなあ・・・。
by chapot | 2008-02-09 16:52 | コーヒー考 | Comments(6)

open 12:00-18:00   (L.O.17:30)          日月3.4.5火定休


by chapot
プロフィールを見る
画像一覧